自分のものさしで測ってはいけない

認知症やその他さまざまな病気などがあり、その人が生きていくうえで危険を伴い、本人にとってマイナス要素があれば、そこには支援者として介入する必要があります。

ただしそのときに、支援者のものさしだけで測って、「出来ない」や「問題行動」と言ってしまうのはまずいことだと思います。

人生の先輩より圧倒的に経験値が少ない自分が、勝手に自分の知識・経験の中だけで判断してしまってはよくないと思います。その人が生きてきた歴史や大切にしていることがらを知り、今何を考えているかを感じられるようにならねばと日々思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です