2025年を見据える「地域包括ケアシステム」

2025年にはいわゆる“団塊の世代”が75歳以上の年齢水準に達し、地域住民が円滑で快適な生活を持続していくためにも、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される「地域包括ケアシステム」の構築が重要となってきます。

重要性を増す自治体組織の役割
総人口は横ばいでも75歳以上の高齢者のみが著しく増加する都市部、それに対して高齢者の増加ペースは緩やかでも若年層、中年層の人口が相対的に減っていく町村部など、“高齢化の地域差”が起こります。
市町村や都道府県といった地方自治体は地域のニーズを汲み取り、上記した高齢化の地域差に対応したケアシステムを作りを目指すそうです。

秩父市は後者の若年層の減少が懸念されます。重度な要介護状態となった高齢者でも、それまで住み慣れた土地で医療・介護・予防・住まい・生活支援が行えることが必要です。古民家デイサービスいろりもこれらの役割を担えるよう頑張っていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です